物流倉庫の保管方法について
2017.06.26

倉庫物流センターには、倉庫が備え付けられていることが非常に多いです。というよりも、必須のモノになるため、必ず備え付けられていると言った方がよいかもしれません。では、その倉庫での保管方法は、どのように行われているのか?と気になるところ。アパレル関係の店舗を出すとなったとき、ずさんな保管をされているような業者を選びたくはありません。ということで、知っておきたい物流倉庫の保管方法についてお話を進めていきましょう。
■物流センターはアパレルの倉庫を持っている物流センターには、納品されたアパレル関連の商品を保管する倉庫が存在することは冒頭でお話した通りです。保管する場所がなければ、実際に各店舗へ出荷するまで、置いておく場所がないため、色々と不都合が生じしてしまうわけです。ただ保管すると言っても、単純に倉庫に置いておくというわけではありません。湿度・温度に注意しながら、虫などが入り込まないようにとクリーンルームとなっている業者もあります。つまり保管方法は、商品を傷付けないために最良の倉庫を用意して保管をしておくことになります。
■長期保管をしてくれるようなサービスも展開していることもこのように「商品としては最良の場所」がある物流センターですが、この倉庫を利用してとあるサービスを提供している業者も。それが、長期保管です。販売店舗としては、商品を置いておく場所に困ってしまうケースもあり、別途、保管場所を借りるというケースもあります。そういった店舗に対して、物流ついでに預かっておきますよというサービスを展開しているわけです。販売店舗としては、こういったサービスも上手に利用して効率よく販売していきたいところです。
■業者によって独自のサービスを展開している場合も物流センターが担っている、倉庫での保管。保管する理由は、上記の説明で概ね伝わったかと思いますが、最後に1つ伝えておきたいことがあります。それが、業者によって保管方法に関して独自の保管ノウハウを持っているということです。このノウハウの差が、サービスの差を生み、品質の差を生むことになってきます。となれば、利用する側にとっては、この保管方法を物流センター業者の間で、しっかりと比較をしないといけないということに。かなり内部的な話になってくるため、インターネットで公式サイトをチェックしても、なかなか見えてこない部分もあります。
したがって、見積もりをするときなど、交渉のテーブルに付いたとき、しっかりと質問をしてチェックをしましょう。もし可能であれば保管している現場を直で見せてもらうとなおさら良いということは、言うまでもありません。

▲ ページトップへ