物流加工について
2017.06.26

段ボールと男性物流センターでの作業は多岐に渡ります。検品は当然のこと、ピッキングと呼ばれる作業を行ったり、物流センターにある商品を保管してくれたりと。そして、その中でも異彩を放っている作業があります。それが、物流加工です。物流業者の中でも大きな差が出てくるサービスの1つである、この物流加工。一体、どのようなサービスなのかを説明していきましょう。
■流通加工とも呼ばれる物流加工とは?物流加工は、流通加工とも呼ばれ、物流センターに仕入先から納品された後、物流センター内で加工をすることを指します。「出来上がったものを加工してしまうの?」という大きな疑問が頭をよぎった人も多いかと。結論から言えば、出来上がったものを加工をすることはよくある話です。
では、何故、加工をしてしまうのか?色々と理由はありますが、オリジナリティを出すために加工をするケースが多いということができます。例えば、ポロシャツの胸の部分にちょっとしたロゴを入れてみたり、ジーパンを日本人体型に合わせるために、先に裾を処理してしまうなど。ともあれ、こういった加工も物流センターで行われていることを理解しておくとよいでしょう。
ちなみに、物流加工のメリットは、先程も少し触れたようにオリジナリティを商品に対して出すことができるということが挙げられます。他にも、更に品質を高くすることができるなども。対して、デメリットは、その分、費用が多くなってしまうという点。物流加工の内容を厚くすればするほど、比例してサービス料金が高くなってしまうことは言うまでもありません。
■海外で仕入れた場合…現場で物流加工してもらうとベスト?最後にお伝えしたい物流加工は「海外で加工をしてもらおう」というお話。もし、店舗に出す商品の仕入先が海外の場合、この物流加工を海外でしてもらった方がお得になる可能性があります。平たく言ってしまえば、現地の物流センターで加工をしてもらった方が、コスト的に安くなる場合が多いからです。
もちろん、日本国内に運び込まれた時点で、日本人が加工することよい方法ではありますが、コスト面で大きなデメリットを生んでしまいます。その代わり高品質のものが出来上がってきますが。しかし、昨今、海外での加工も一定の品質を保つことができることが分かっています。であれば「安くそれなりの品質のアイテム」という選択肢を取るのも1つのビジネスということができます。こういった考え方もできるのが、この物流加工の1つの特徴と言えるでしょう。

▲ ページトップへ