アパレルの検品について
2017.06.26

たくさんの段ボールアパレル業界とは、衣服関連の企画や製造、販売をする業界のことを指します。エンドユーザーは、このアパレル業界で生み出された「服」を着てファッションを楽しむわけですが、この売られている服に、穴が空いていたり、数回着用しただけでモノがダメになってしまったりした場合、もう二度と、このメーカーや店舗では購入しないことになるでしょう。このような状態にさせないためにも「アパレルの検品」があるわけです。では、具体的に、この検品は何をしているのでしょうか?
■具体的にどのような検品をしているのか?アパレルの物流で行われる検品は、具体的に「サイズが合っているか?」「1つの1つの品質に問題はないか?」「注文通りに製作されているか?」など、非常に細かくチェックをしていきます。つまり、裁縫のほつれだったり、擦れによる傷、汚れ、ボタンやチェックの破損などを見ていくわけです。このような基本的な検品をしっかりと行わなければ、信用問題に発展することは間違いないため、物流業者は、きっちりと行っていくわけです。
■検品専門業者も存在するため上手に利用すること物流センターは、場合によっては、検品の専門業者を雇って対応することもあります。物流業者を利用する立場の人間であった場合、検品作業に不安が残るようであれば、このような専門業者を雇って対応した方がよいというわけです。何れにせよ「検品は重要な作業になるため、その道のプロが存在しても何ら不思議ではない」という話であり、このようなプロを積極的に利用している業者は、やはり品質が高いということです。
■海外まで足を運んで検品をしてくれるサービスも存在これまでの説明で、検品という作業は、物流センターで仕入先から納品されたモノに対して行われるという理解をして頂けたかと。特に「海外」「国内」という言葉を使って来なかったため、多くの人が日本国内での作業とイメージしていることでしょう。実は、必ずしも国内での作業ではないと考えて下さい。
そもそも売られている服など、国内で生産されているものとは限りません。MADE IN CHINAだったり、MADE IN INDONESIAだったりします。となれば、海外から国内へ運ぶための物流センターが、各国に点在していることは容易に想像できます。しかし1つのデメリットとして、海外の検品は「雑」になってしまうこともあります。そこで登場したサービスが海外まで足を運んで検品をしてくれるというもの。現地で対処ができるということは多くのメリットがあるため、海外から仕入れる場合は、この手のサービスを利用することも念頭に置いておくとよいでしょう。

▲ ページトップへ